明かりが取れる建具の新調!

Usami Homes。の谷です。

先日、とっても素敵なオーダー建具を制作する

リフォームをさせて頂きました。

北側の和室2間のお悩み解消のご相談でした。

廊下の突き当りに和室が2間あるお住まいなのですが、

戸を閉めていると、昼間でも廊下が薄暗く、

何とか明るくしたい!

とのお悩みでした。

また、和室同士を間仕切っていた〝襖”も、

障子みたいにしたい。。。

とのご相談。

そこに、可愛くやんちゃ⁈そうな猫ちゃん達が。。。

そこで、猫パンチ👊

にも負けない、アクリルパネルを使った、

障子のご提案をさせて頂きました。

廊下光が届き、とっても明るくなりました。

アクリルパネルを使用した障子

そして、とっても素敵なのは、

間仕切りに制作した〝腰付き障子”です。

(障子の下部に腰板を施した障子のことです)

もともと素敵なお住まいで、

窓には桜の花の模様が入った

障子がありました。

アクリルパネルにも、

桜の模様の入った商品があったので、

折角でしたら、とのことで採用し、

本当に素敵なインテリア障子が出来ました♪

腰付き障子

ちょっと贅沢な仕様の建具になりましたが、

とって素敵な空間になりました。

改めて、〝和”の障子のデザインと

機能性は優れていると痛感しました。

前の記事

防水工事

次の記事

考え方の違い?