和の〝襖(ふすま)”を木製の建具にリフォーム!!

Usami Homes。の谷です。

先日、和室を洋室にしたい♪

というお施主様のリフォームをさせて頂きました。

畳を撤去して、床下地を作り、フローリングを貼っていきます。

余談ですが、お施主様のご要望もあり、フローリングを貼る前に、

スタイロフォームを敷き詰めて『断熱施工』を致しました。

床も、無垢材を使いたい!とのことで、

ナラ材の無垢フローリング仕上で、とっても素敵になりました。

プレーリーホームズのドナオーク(ユニ)を採用しました。

クランプオイル塗装で、メンテナンスも楽しめるものを選定致しました。

そしたら。。。。とても素敵な雰囲気になり。。。

和室ならではの〝襖”がどうしても気になるようになってしまいました (>_<)

とのご相談。

予算もあり、あまりコストはかけることが出来ないので、

開口部をいじることなく、

既存の襖の敷居をそのまま使い、

建具のみをオーダー制作をお勧めいたしました!

お施主さまもそのコスパを喜んで下さり、

ご依頼頂きました!折角なので!と、

さらに、玄関廊下からの入口に明り取りがあったらいいな~。

とのリクエストで、私の好きなチェッカーガラスお勧めして

建具を制作をしてもらいました。

面材の色を白にしたり、濃い色にすることもでき、

雰囲気もいろいろ選ぶことが出来ます。

今回は、調和を大切に、馴染みの良い面材で制作をすることに決定!

レトロ可愛い!建具になりました。

ご主人様が、気に入っていらっしゃる竹仕様の〝欄間”が

和モダンの洋室の良いアクセントになっています。

玄関から〝ふすま”が見えるのと、この建具が見えるのでは

印象が大きく違います!

リフォームのコストの掛け方の好事例です♪

次の記事

解体前のお祓い