樹脂サッシ

先日メーカーさんから樹脂サッシと複合サッシの説明を受けました。
なかなかお目にかかることのないサッシ断面ですが、ドライアイスを使用して強制的に過酷な環境を作り出してこの状態での考察でした。
複合サッシのアルミには霜が付着しています。また取り付けてしまうと見えなくなってしまいますが窓台といわれる木材との接合部にも冷たい冷気が伝わってきました
一方樹脂サッシの方は見た目と通りほとんど変化はありませんでした。
隔壁が何層にもなっていることと樹脂はアルミと比較して1/1000の伝導率ですのでこういう実験をするとより体感することができます。
現在計画中の分譲にできれば樹脂サッシを使用し断熱性能の向上を図りたいと思います。
またそれに併せて壁と天井の断熱材を発泡吹付ウレタンフォームを採用して快適な住空間の確立を目指します!

前の記事

清須市造成工事

次の記事

サンゲツショールーム