地縄張り

工事のシムラです。

地鎮祭前になると行う作業があります。それは、

地縄張り です。

地縄張りとは、実際の建物がおおよそどの位置に立てるかわかる様に、地面に鉄ピンと紐で線を描き、壁芯の位置を出す作業です。

地鎮祭でお客様がお見えになった時、確認していただく為です。

その時は、ほとんど確認申請が下りていることが多いのですが、建築基準法上問題無ければ、多少の変更は可能です。が、出来れば変更が無い方が望ましい(条件によっては採光等の関係上サッシや間取りが変更になる可能性がある為)ので、建物の配置にとてもこだわられる方は、事前にご連絡いただければ、確認申請前に位置出し可能ですので、その際は、ご一報を。

次の記事

LDK鉄骨階段