アナフィラキシーショック‼

ウサミホームズ。用地課井上です。

先週のブログでも述べさせていただきましたが

コロナ感染者が拡大の一途をたどり、1日の感染者が10万人を超える日も

何日か続きました。

それに備えてのワクチン接種ですが、愛知県で何とも痛ましい事がおきてしまいました。

40代の女性がワクチン接種をした後、咳がでて看護師が車椅子で救護室に移送したのですが

専門家によると、救護室に運ぶのではなくその場でアドレナリンの筋肉注射をすべきであった

との指摘をしました。

今回は、アナフィラキシーの最重症型だった可能性もあったとのことです。

コロナ禍で医療従事者の方々は、大変な状況に置かれながらも

感染者への対応は、本当に感謝、感動の極みですが

今回は、亡くなられた方も本当にお気の毒です。

どのような対処が適切であったか、少しでも早い究明されることを願ってやみません。

前の記事

Open鉄骨階段