壁の中の柱

清須市のウサミホームズ 施工監理課 前島です。
先日は防災の日でしたが、最近はDIYで家具の転倒防止金具を取り付ける方が
増えています。
そんな方にお伝えしたい情報です。
転倒防止金具を取り付ける際は壁の中の柱に取り付ける必要がありますが
壁の中の柱を探すのに便利なのが、写真のような下地センサーです。
一般的に木造住宅とマンションのお部屋とお部屋の境壁の中は柱と空間が
あります。(マンション外部面は違いますのでご注意下さい)

柱の探し方はご準備して頂いた、下地センサーを壁に当てて、スイッチを押します。
そして、スイッチを押したままセンサーを横にゆっくり動かします。
センサーが柱の上を通過すると、発光したりブザーが鳴ります。
何度か繰り返しブザーが鳴る位置が決まったら、その位置にテープ等で目印
を付けます。

目印を付けたら取り付けたい高さも確認して、念の為に釘等を仮に打ってみます。
柱があれば問題無しで、手応え無く打ち込めたら柱が無い可能性が高いので
再度センサーを使い柱を探します。
これを繰り返せば柱の位置が正確に判り転倒防止金物をしっかり柱に取り付ける事が
出来ます。

柱の無い所に金物を取り付けても効果はありませんのでご注意下さい。
なお下地センサーはホームセンターで¥2000~3000で購入出来ます。

今後も皆様のお役に立てる情報をお伝えしますので
ウサミホームズを宜しくお願い致します。

次の記事

秋の訪れ‼